top of page

HCハイキングクリーン団体(ハイクしながらゴミ拾い)の活動

「Style2030賢者が映す未来」で資源ごみの話


BS-TBSで毎月第3日曜日の10時から放送されている「Style2030賢者が映す未来」は、各界の賢者へジャーナリスト龍崎孝とTBSアナ皆川玲奈が対談する番組

2月18日の放送は“住み続けられるまちづくり“なるタイトルで、これがHCハイキングクリーン団体(ハイクしながらゴミ拾い)の活動に一致しビックリ! 

賢人はお笑い芸人・滝沢秀一。SDGs11目標の1つとして、《ゴミ》と言う言葉を無くしたい!と。ゴミでなく資源、運を拾う!である、分別回収し日本一のゴミ清掃人になろう!与えられた場で幸せを見つける!と決心し邁進中、と。


また、テレビ朝日「大下容子ワイドスクランブル」では、2月26日に「小学生企業家」細井愛茉さん10才が、(株)サムトルを2022年に母親と設立。目標は“地球をきれいにしたい”とPCで事業計画書(ごみの価値を上げる)を作成し、友達にPR。廃材アートとして新しい価値を加え販売/野菜と交換等で収益確保、大人と比べても凄い小学生に賞賛。驚嘆。スマホで見ると、その他にも小学生企業家が結構いるようです。

 

上記2つの放映は小生の退役後の信条に酷似し共感!

HCハイキングクリーン団体(ハイクしながらゴミ拾い)の活動を通して、「ゴミ拾いをすると人生に魔法がかかるかも♪」「夢が叶う/運が良くなる」を実感しています。


※HCハイキングクリーン団体(ハイクしながらゴミ拾い)は、

47年の歴史を持つ鎌倉市・社協登録任意団体。

県ボランタリー活動奨励賞を拝受。

ハイクしながらゴミ拾いする県内近隣の仲間は30人。例会は月1回。


ゴミを拾うとストレスが解消され、気持ちが良くなります。外国人も含め、ハイカー誰とでも友達になれます。現役時代の知人からは、人が変わったね!と言われています。


15年前はハイクコースの山裾や休憩場所等に大量のゴミが散乱し、ハイクの度に1人10L袋一杯の収穫でしたが、7年程前からはゴミ不足(笑)。

市のクリーンアップ作戦の街、海、山編のうち、山編は廃止されて寂しい限り。

でも、散在ガ池公園の外周は未だ不法投棄が多く、2月24日も空き瓶を多数拾って上機嫌(?)3月22日も、6丁目公園外周、天園東コース&鷲峰山で手拭、空缶、プラゴミ等、2L袋分の収穫がありました。





HCハイキングクリーン元代表(昨年やっと相談役になった)

今泉台6丁目在住 御法川



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page